浮気調査 トランスミッションジャパン探偵興信所 -TMJ-

企業・個人依頼者からの紹介で浮気調査依頼多数 ご依頼者の希望に応える興信所

トップ > 離婚の種別

離婚の種別
DIVORCE TYPE

離婚の種別

協議離婚

協議離婚

協議離婚とは、当事者間の話し合いで離婚やそれに付随した権利を決めるものです。この場合、必要であれば慰謝料・財産分与・親権・養育費等も原則としてお互いの話し合いで決める事となります。一切を当事者間の話し合いで決定する為、費用・手間の面では最も負担の掛からない方法になります。しかし、その反面で話し合いが進まず時間が掛かってしまう事や当事者双方が協議内容の重要性を認識しないまま形だけの合意をして、後々トラブルになるケースが非常に多いのも協議離婚の特徴です。

協議離婚をする際、離婚の理由は特に問題になりません。
協議がまとまらず、離婚届の提出が出来ない場合には、家庭裁判所での調停に移行する事になります。

調停離婚・円満調整

調停離婚・円満調整

調停離婚(離婚調停)とは、夫婦間の話し合で解決がつかない場合、家庭裁判所の調停を利用して離婚を成立させるものです。調停離婚に関しても、夫婦間の合意が無ければ成立しませんが、裁判所の調停委員が夫婦間に入る事で、当事者同士が喧嘩腰で話し合いにならない時などに有効な方法になります。

  • 調停は裁判とは異なり、双方が合意に達しなければ調停不成立となります。
  • 調停は婚姻を続ける事を前提に話し合う円満調整と、相手との離婚を前提に話し合う離婚調停があります。

これら調停は、通常の民事事件と異なり、直ちに訴訟を起す事が出来ないので、まずは家庭裁判所の調停が必要となります。(家審18条2項但)

  • 家庭裁判所では、受付事務の一環として申し立て手続き等に関する相談を受けてます。家庭裁判所の家事相談室で、あらかじめ家事相談をするのも良いでしょう。
  • 調停離婚の場合は、申し立ての理由として、法律上の離婚原因を必要としませんので、自ら離婚原因を作った有責配偶者からの調停の申し立ても可能です。
双方の意見が対立し、解決策が見出せず、調停を長引かせても無意味であると裁判官が判断した場合には、調停不成立となります。調停不成立となった場合は、家庭裁判所にて離婚裁判を行う事になります。又、調停において「附従的な点で意見が合わない」「成立寸前で出頭義務に応じない」と言う様な理由で調停が成立しない、又は、出来ない場合には、家庭裁判所が調停委員の意見を聞き、当事者双方の衛平を考えた上で、独自の判断で離婚の断を下す審判離婚に移行します。

裁判離婚

裁判離婚

審判離婚とは、離婚調停に付随した制度で、家庭裁判所の調停が不成立になった場合、裁判所に対して判断を求める制度です。これは離婚をさせた方が良いと家庭裁判所が判断した場合に、裁判所が調停委員の意見を聞き、当事者双方の衛平を考えた上で、独自の判断で離婚の断を下すものです。

  • 審判離婚は、2週間以内に当事者から異議の申し立てがあると(異議を申し立てる具体的な理由は必要ありません)効力を失います。
  • 異議の申し立てが無い場合には離婚の成立となります。
  • 審判による離婚が成立する件数は年間でも非常に少なく、かなり特殊なケースであると言えます。

裁判離婚・判決離婚・離婚訴訟

裁判離婚・判決離婚・離婚訴訟

裁判離婚(判決)とは、家庭裁判所の調停が不調になった場合や審判に異議があった場合に家庭裁判所に訴えを起こし、裁判で離婚の判決を得た場合を言います。

  • 裁判離婚(判決)は相手が「離婚に応じない」と言っても、強制的に離婚させてしまうものですから、民法の定めている「離婚原因」を証明しなくてはなりません。

民法の定めている「離婚原因」とは

裁判離婚・判決離婚・離婚訴訟

民法の定めている「離婚原因」とは

認められる理由は以下になります。

  1. 配偶者に不貞な行為があった時(民法770条1項1号)
  2. 配偶者から悪意で遺棄された時(同2号)
  3. 配偶者の生死が、3年以上明らかで無い時(同3号)
  4. 配偶者が強度の精神病に掛かって、回復の見込みが無い時(同4号)
  5. その他、婚姻を継続し難い重大な事由がある時(同5号)
離婚・裁判・判決・訴訟にあたって

離婚裁判は基本的に本人で行う事ありませんが、調停申し立ての決められた用紙に必要事項を記入すれば良いと言う訳ではありません。本裁判になると、訴状作成・書面の提出・証拠の申し立てなど全ての手続きは民事訴訟法の定めるところに従わなければなりませんので、裁判離婚を行なう場合は弁護士に依頼する方が良いでしょう。
(興信所TMJは弁護士のご紹介のサポートをしております)

  1. 不貞行為により慰謝料の請求や離婚裁判を提訴する際は、原告側(訴訟を提訴した側)が、理由となる原因の事実(不貞の事実・悪意の遺棄等)を証明する必要があります。
  2. 浮気・不倫・不貞行為が原因で離婚した事実が無いと慰謝料が請求出来ないと思われがちですが、離婚に至らなくとも慰謝料の請求は可能です。
  3. 離婚する、しないに関わらず、浮気相手に貞操権の侵害で慰謝料請求の訴えを起こす場合、浮気相手の身元・所在の確認も行なう必要があります。

簡単な離婚裁判までの流れ

簡単な離婚裁判までの流れ

浮気を見極める(興信所TMJがサポート)

浮気調査・不倫調査(興信所TMJに完全委託)

浮気の証拠をご提示(興信所TMJの浮気調査報告書)

離婚に向けてのアドバイス(興信所TMJのアフターサポート)

弁護士ご紹介(興信所TMJがお勧めの弁護士を選出)

興信所TMJのワンポイントアドバイス

離婚慰謝料請求に必要な浮気の事実や浮気の証拠を収集されたい方は、離婚後の生活設計をしっかりと立てる事が重要です。今後の生活設計やご自分がどうしたら良いのかが分からない方や何がベストなのかお悩みの方は興信所TMJがお悩み相談からサポート致します。

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-991-767

TMJご相談対応地域
CONSULTATION AREA

24時間年中無休
メール無料相談・お見積もり
MAIL FORM

お聞きしたい時に即対応のメール相談室にご相談の方は下記フォームに記載をお願い致します。お急ぎの方は無料相談室(0120-991-767)へお電話でご相談下さい。

メール無料相談・お見積もり

ご希望の浮気調査に関するお持ちの情報量で、浮気調査の方法や浮気調査の費用が変ります。現在お持ちの情報を重要度の可否に関わらず、お気づきの事を詳細に入力下さい。
下記のような場合は再度お問合せもしくはお電話でのお問合せに変更ください。

  • 12時間たってもメールの返事がない。
  • 迷惑メール(指定アドレスのみ受信)などの設定を行っている。
  • 急な浮気調査を希望で数時間後に浮気調査を開始したい。
  • フォームの記載方法が分からない。

【注意事項】

メールアドレス以外は正確な記載は自己判断になりますが、メールアドレスは正確な情報を記載下さい。アドレスが間違っているとご返信が出来ませんので、記載後再度ご確認頂く事をお勧めしております。

メール無料相談・お見積もりフォーム

ご相談内容
ご希望の浮気調査
お名前(匿名可)
郵便番号

郵便番号を入力してください。市区町村まで自動入力されます。
住所1(都道府県)
住所2(市区町村・番地)
住所3(建物・号室)
年齢
性別
男性 女性
お電話番号
メールアドレス(必須)
弊社からのご連絡希望時間帯
AMPM 
AMPM  まで
弊社からの連絡方法
電話 メール どちらでも良い
ご相談・浮気調査の内容
希望する浮気調査の内容・状況・関係性
その他の質問など
ご希望のご予算
よく分からない為予算は決まっていない
ご希望のご予算が決まっている方

ページのトップへ戻る